フィリピンのBloomX訪問 - オフィスは見つかりませんでした

Danger
フィリピン フィリピン
2024-05-21
現地調査時間:2024-05-21
フィリピンのBloomX訪問 - オフィスは見つかりませんでした
フィリピンのBloomX訪問 - オフィスは見つかりませんでしたフィリピンのBloomX訪問 - オフィスは見つかりませんでしたフィリピンのBloomX訪問 - オフィスは見つかりませんでしたフィリピンのBloomX訪問 - オフィスは見つかりませんでした

6796 Ayala Avenue, Makati City, Metropolitan Manila, Philippines

訪問の目的

フィリピンは、東南アジアで仮想通貨取引のボリュームが大きい国の一つです。主な仮想通貨には、Bitcoin、Ethereumなどがあります。2017年、フィリピンの中央銀行であるバンコ・セントラル・ニグ・ピリピナス(BSP)は、仮想通貨に関する最初の規制を発行し、仮想通貨に関与するすべての企業に対してBSPの登録と承認を求めました。近年、フィリピン政府と規制機関は、比較的オープンで前向きな態度を示しており、業界の発展に好意的な環境を作り出しています。規制フレームワークの改善と政府の支援により、フィリピンは東南アジアの仮想通貨イノベーションハブの一つになる可能性があります。フィリピンの仮想通貨市場は有望な発展を示しており、政府は業界に対して積極的な姿勢を取っており、将来の成長の良い見通しを示しています。WikiBitの調査チームは、フィリピンの仮想通貨取引所について投資家により包括的な理解を提供するため、現地企業への訪問を計画しています。

現地訪問

今回の調査では、調査チームはフィリピンに行き、規制上の住所であるマカティ市レガスピビレッジサンロレンソ、セルセド、カラヤンビルディング5Fにある仮想通貨取引所BloomXを訪れました。

調査員は2024年3月26日にフィリピンのメトロマニラのマカティ市に来て、賑やかな通りにある古風な商業ビルであるカラヤンビルディングを見つけました。交通手段によっては、このビルには簡単にアクセスできます。

4.jpg

さらなる調査のためにビルに到着した際、調査員は5階に関して「BloomX」に関する情報を見つけることはありませんでした。

現地調査により、その会社はその場所に存在しないことが確認されました。

3.jpg
2.jpg
1.jpg

結論

調査チームはフィリピンに行き、仮想通貨取引所BloomXを訪れましたが、規制上の住所で会社を見つけることはありませんでした。これは、会社が物理的な事務所を持たずに住所で登録する可能性があることを示しています。したがって、投資家は取引所を選ぶ際に注意を払う必要があります。

免責事項

この内容は情報提供のみを目的としており、最終的な選択のための最終的な命令として受け取るべきではありません。

会社情報

規制中

BLOOMX

URL:https://www.bloom.solutions/

2-5年間 | 暗号通貨ラインセンス | ハイリスクレベル
  • 会社名: BLOOMX
  • 会社登記地域: シンガポール
  • 社名略語: BLOOMX
  • オフィシャルメールアドレス: HELLO@BLOOM.SOLUTIONS
  • Twitter : https://twitter.com/bloomxorg
  • Facebook : https://www.facebook.com/bloomxorg
  • カスタマーサポート電話番号: --