情報

今のロケーション:トップページ>ニュース>コンテンツ

弱気相場で資産を形成する方法

WikiBit 2022-06-26 15:00

概要:現在、暗号通貨市場は1年以上続くと思われる弱気相場の真っ只中にある。この弱気相場で、資産が短時間で減るのを目の当たりにしてパニックになる投資家がいる。その一方で、長い目で見て暗号通貨の将来性に自信を持つ投資家は投資のチャンスと見て、市場に資金を投入し続けている。このような弱気相場では、正しい選択が利益をもたらす。

  現在、暗号通貨市場は1年以上続くと思われる弱気相場の真っ只中にある。この弱気相場で、資産が短時間で減るのを目の当たりにしてパニックになる投資家がいる。その一方で、長い目で見て暗号通貨の将来性に自信を持つ投資家は投資のチャンスと見て、市場に資金を投入し続けている。このような弱気相場では、正しい選択が利益をもたらす。

  この弱気相場で暗号通貨の購入を検討する投資家は、どのプロジェクトが潜在的な価値よりも低い価格で売られているかを見極めなければならない。弱気相場では価値のないプロジェクトは淘汰される。弱気相場で生き残ったプロジェクトは市場の回復と共に急上昇する。例えば、2017年の強気相場で、ネオ(Neo)、ナノ(Nano)、ステラ(Stellar)などのコインが空前の高値を記録した。弱気相場で投資するなら、実績があって、開発者コミュニティの規模が大きく、プロジェクトが継続的に活動している暗号通貨にすべきである。

  投資対象を見つけたら、次は投資タイミングの見極めである。一般的な戦略としては、トークンの価格が底値に近づいた時に大量に購入することである。しかし、それはとても難しい。予測が外れれば、さらに多くの資金を失いかねない。

  そこで、理想的な戦略としてドルコスト平均法がある。ドルコスト平均法は、日、週、月など定期的に一定金額を買い続ける投資法である。ドルコスト平均法は平均購入単価を引き下げることができるため、リスクが低くなる。

  ドルコスト平均法は長期的な視点で市場を見て、自分の判断に自信を持って、決めたルールを守って投資しなければならない。適切に行えば、弱気相場でも利益を出すことができる。バイナンス(Binance)やコインベース(Coinbase)など多くの取引所では暗号通貨を定期的に購入できるシステムがある。これは長い時間をかけて暗号通貨の保有量を増やすのに役立つ。適切なプロジェクトを選び、ドルコスト平均法で購入すれば、弱気相場でも資産を形成できる。

  

  免責事項

  暗号通貨は価格変動が激しく、トレードの際は自身の投資経験、目標、財務状況、リスクを取る能力等について十分検討する必要があります。

  本記事はあくまでも情報提供を目的としており、投資を推奨するものではありません。

  また、本記事を参考して投資した結果被った損失について、弊社は一切の責任を負いかねます。

  WikiBitとは?

  弊社が提供しているWikiBitは、暗号通貨取引所・トークンの信頼性に関する情報を収集・公開している第三者プラットフォームです。

  登録されている暗号通貨取引所・トークンの数は、全世界で1万件を超えています。

  「真相公開」のページでは、実際に詐欺に遭ってしまったトレーダーからの被害報告が日々投稿されています。また、WikiBitでは暗号通貨に関連するニュースや、相場情報までトレードに役立つ有益な情報を日々発信しています。

  初めて暗号通貨(仮想通貨)取引所を利用する際は、入金前にWikiBitのアプリで、取引所の安全性や評判を確認することを強く推奨しています。

  https://www.wikibit.com/jp_ja/download.html

  コンテンツは全て無料で閲覧できます。

  ぜひ上記のリンクからWikibitアプリをダウンロードして、取引所の情報をチェックしてみてください。

トークン交換
交換レート
外貨両替計算
/

現在のレート0

両替できる金額

-

計算開始